調剤薬局が提供する睡眠や快眠に関する解説するサイト

快眠するためのコツ

人間には生体リズムがあり、寝つきがよくて熟睡できる人は、自分にあった眠りのリズムを作り、それに沿った生活をしています。眠れる生体リズムをつくることが、快眠のための第一歩なのです。快眠するためのコツとして有名なことを下記に書いてみたいと思います。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

○ 就寝前には食べない
食事をすると、胃腸の働きが活発になり、目がさえてきます。特に肉類は消化されるまでに時間がかかります。ですから、夕食は就寝3〜4時間前にとるのが理想的。どうしても遅い夕食になるときには、肉類は控え、腹七分目程度にしておきましょう。また、寝る前の水分のとり過ぎにもご用心。夜中にトイレに起きることになって熟睡を妨げられます。
○寝酒
寝酒は、欧州ではナイトキャップといって、一般的な風習となっています。アルコールには精神の緊張をほぐす作用があり、確かに寝つきはよくなります。けれどもアルコールは体内で2〜3時間で分解されてしまい、睡眠の途中で目が覚めやすく、眠りが浅くなってしまいます。また習慣化するうちに量が増え、かえって不眠を慢性化させる原因にもなります。さらに、肝障害やアルコール依存症となる心配もあるので気をつけましょう。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

○ 無理に眠ろうとしない
布団に入ったら、気持ちをリラックスさせて、深くゆったり深呼吸してみましょう。規則的な呼吸を繰り返すうちに、自然に眠りに入れます。どうしても眠れないときは、無理に眠ろうとせず、「そのうち眠くなるだろう」くらいの、おおらかな気持ちが大切です。

 

薬剤師 転職

 

神戸・三宮・元町のヨガ教室なら、ヨガインストラクターの北野 恵理